09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012/11/25 息子の泣き顔

2012/11/25
幼い頃は、何度も見てた泣き顔でしたが、もう既に高校生になったら
あまり息子の泣き顔なんて見ないものです。

今年、高校生になった次男は、ラグビー部に入りました。小学校のとき、
少しだけサッカーをやっていましたが、中途で止めました。中学の時は
パソコン部。まさかの選択です。

20121125


でも、もの凄い成長を遂げました。この高校自体の方針が、彼にピッタ
リだったのだと思います。私にとっても、親として成長することができ
ました。いや、まだ成長過程ですが。。

夏には17日間の合宿。それを聞いた時、なんで17日間も??と思いま
した。しかし、帰って来た息子の顔が違っていました。
昨日、その時の写真が渡されました。
1枚目、見た事のない顔でした。叫ぶように泣いていたんです。

本人の合宿後の作文にも、「最後のランパスの後、涙が止まらなかった。」
とあったので、泣いた事は知っていましたが、何枚かの泣き顔の写真は、
私の胸にぐっときました。

悲しいのではなく、泣いた涙。こんな涙を流せるなんて、流させてもらえた
なんて、本当に感謝です。昨夜は、芝居の稽古の後、友人のライブ鑑賞をし、
夜中12時過ぎに帰って来たのですが、写真を見ながら泣きました。

次男の入った高校のラグビー部は、勝つためだけの部ではありません。
Aチーム、Bチームは、試合に出る選手。そして、マネージャー。
それと、指導の天宮先生の名前をつけた天宮部。そこには、自閉症などを
抱えた生徒さん達がいます。彼らが、お水を運んだり、マネージャーと共
に選手を支えてくれています。

On for All
All for One

ラグビーでは有名な言葉ですが、スポーツの中だけではなく、社会に出た
時に、生きてくる、お互いに支え合って、助け合うという事が学べる、
素晴らしい場だと、昨夜はまた確信しました。

ある日の監督の日記です▼
http://plaza.rakuten.co.jp/onebig10/diary/201210010000/

今日も部活に出て行きました。
いいぞいいぞ〜〜!
もっと、悩んで、筋肉痛になって、強くなろうぜ!!
私も、それを見て、頑張るもんね☆

おっと、急がないと今日の稽古とリハーサルの準備が間に合わない!!
スポンサーサイト
15:46 Diary | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
幼い頃は、何度も見てた泣き顔でしたが、もう既に高校生になったらあまり息子の泣き顔なんて見ないもので